看護士求人地獄へようこそ
看護士求人地獄へようこそ
ホーム > ビジネス > 国際結婚手続きをフィリピンで考えてみた

国際結婚手続きをフィリピンで考えてみた

国際結婚手続き フィリピンでは、マリッジライセンスを入手するのにとても苦労しました。

外国人の方が長期にわたって日本に滞在する場合、たとえば日本国内で働いたり、来日して日本にいる家族と一緒に生活したりする場合には、査証(ビザ)の発給を受けることが必須となっています。ところが、往々にして査証は申請してから発給されるまでにかなり長期間待たされます。

国際結婚手続きをフィリピンで行なうのに不可欠なマリッジライセンスは、アメリカで取得するのも大変です。

これは、身元の調査や日本における活動内容が適正なものであるかを確認するのに時間がかかるためです。その際有効となるのが、在留資格認定証明書です。

この証明書は、該当する外国人の方が日本で行おうとする活動が正しいものであり、かつ入国管理法に定められた在留資格に該当するものであることを法務大臣が証明した書類です。この書類を提示することにより、あらかじめ適正な資格を持つ者であることが証明されるため、査証の発給が短時間で済むとともに、日本到着時の入国審査もスムーズに行われることとなります。

国際結婚手続き フィリピンに必要なマリッジライセンスに署名して、マリッジ・サティフィケートが完成です。